四十肩の適切な治療を受けるために。

四十肩の適切な治療を受けるために。

四十肩は放っておいても治ることがありません。
確かに、時間の経過とともに痛みは引くかもしれませんが、適切な時期に治療をしないと肩の関節が動かないということにもなりかねません。
四十肩は、痛みの特徴に合わせた治療を行うことが大切だとされています。
肩の痛みの初期段階では、マッサージやカイロプラクティックに通ったとしても根本的な治療は期待することができません。
肩こりと違って、マッサージをして筋肉のコリをほぐせばいいというものではないからです。
ただ、一時的にはスッキリとすることがありますが、四十肩症状が改善されることによるスッキリ感ではないので注意が必要です。
肩の痛みが感じられる時期には、痛み止めの薬が処方されることも多いです。
痛みが安定してくる時期になると、痛み止めを服用しなければ眠れないといった症状からは解放されていることが多く、治療は運動することが中心になります。
鍼灸による治療もこの時期の四十肩には有効だと考えられています。
四十肩の治療で大切なのは、痛みが引きかけて一見症状が改善したと思われた時です。
痛みがなくなったからといって、この時期に治療をやめてしまうと、肩関節が固まってしまって元通りの動きをすることが困難になってしまうのです。
この治りかけの時期の治療は、四十肩の初期段階とは違って、マッサージ治療が中心になります。
肩の関節が固まることがないように、リハビリ体操などを取り入れている治療院もあります。
四十肩の症状が起きる時期にあった治療を施すことによって、四十肩になる前の健康な肩の状態を取り戻すことができるでしょう。