肩の痛みと年齢

肩の痛みと年齢

それほど大きな痛みをともなわない病気というのは一概に言えませんが、概して、外科的要因で強い痛みをともなう病気というのは、骨折や外傷を除けば、年齢ごとに痛みの原因が異なることが多いです。

 

特に、「肩の痛み」はその典型と言っていいくらいです。

 

肩の痛みに悩むのは、イメージとしては40代以上の中高年という感じも正直しますが、実はそんなことはありません。

 

10代20代と言った比較的若い年齢層の人も、肩の痛みに悩む人が実は少なくないのです。

 

ただし、先にも触れたように、その原因というのは、年齢によって変わってきます。

 

たとえば、10代20代の若者が肩の痛みに悩む場合には、スポーツが原因になっているケースが非常に多いということが統計的にも明らかになっていますし、40代、50代の人が肩の痛みに悩むケースでは、やはりそのイメージ通りに「四十肩(もしくは『五十肩』)」が痛みの直接的な原因になっていることが圧倒的に多くなります。

 

それ以外にも、「肩こり」があまりにも進行してしまった場合、かなり強い痛みが発生する場合もあります。

 

そしてこれに関しても、やはり40代50代、もしくはそれ以上の年代の人のほうが多い印象があります。

 

ただ、このケースは若い人でも(特に女性は)十分罹る可能性がありますので、油断だけはするべきではないでしょう。

 

原因が違えば、当然その治療法も異なるわけですし、投与される薬にも大きな違いを生じることもあります。

 

ですから、親子で同じ「肩が痛い」という症状があっても、薬をもらって飲むというのは控えるべきです。